食の安全・安心を、さらに高いレベルへ。

ロシアの民間企業経営者が横浜物流センターを視察しました

 7月12日、ロシア民間企業経営者ら14名が横浜市鶴見区の横浜物流センターを訪れ、施設見学会および意見交換会を行いました。

 日本政府は1994年以降、ロシアの経済改革支援の一環として、将来のロシア経済を担い、日露経済関係の分野で活躍する人材を発掘・育成するため、様々な技術支援を行っており、2004年度以降は日本でのOJT研修も実施しています。なお、これらの主催側事務を外務省より受託しているのが、一般社団法人 北海道総合研究調査会(通称HIT)であり、今回も同調査会からの意向を受けての開催となりました。

 今回の研修には、日本のコールドチェーンの視察見学が加わったため、当社の冷蔵倉庫が選ばれました。当日は横浜物流センターにおいて、冷蔵倉庫に関する座学研修を行った後、施設見学、意見交換会を行いました。参加者からは同センターの屋上に設置された太陽光パネルや、冷却方法、女性社員の活躍について等、幅広く質問が挙がり、日本のコールドチェーンの水準が高いことに関心が集っていました。

1607russia1.jpg
1607russia2.jpg
1607ruissia3.jpg
1607ruissia4.jpg

2016年7月13日更新