事業紹介BUSINESS

食品販売事業

  1. Home
  2. 事業紹介
  3. 食品販売事業

世界の生産地・漁獲地に
進出し、調達力を強化。

ヨコレイの食品販売事業は、長年に渡り優良な産地を調査し、世界中の漁獲地・生産地へ進出。

経験豊富な営業担当者が世界の生産地・生産者を選定し、仕入れ・販売までを一元管理するビジネススタイルを確立しています。世界に広がるネットワーク、豊富なノウハウと信頼、また業務効率化により、水産品・畜産品・農産品を適切な価格で、かつ安全性を確保して安定供給できる体制づくりを目指しています。

産地・消費地に営業所を設置し安定供給

消費地型営業所

産地型営業所国内主要都市に「消費地型営業所」を展開、食品メーカーや仲卸業者のニーズに応え、加工食材や製品原料をタイムリーに供給しています。
その際は海外ネットワークを活用した調達ノウハウが力を発揮します。
例えば、東南アジアからエビ、北欧からサーモントラウトやサバ、アジ、北南米からポーク、チキンなど、消費地のニーズに応えるため、最適な食材を世界の産地からお届けしています。

消費地型営業所

産地型営業所

国内外の漁港や農場など、水産物や農産物の産地に「産地型営業所」を展開。
高品質でおいしい食材を安定的に供給できるよう、生産から販売まで一貫して関わる体制を確立しています。原料サプライヤーとして、販売担当者が培ってきた目で水産・畜産・農産品を見極め、環境変化に強い供給体制を構築しています。

産地型営業所

世界で良品を見極める、ヨコレイの「目」

水産事業

輸入では東南アジアのエビ、北欧のサーモントラウトなど、品質の高い食品を世界各地から調達し、国内の加工メーカーや問屋に販売しています。また日本国内の産地で獲れるサケやホタテなどの水産品を、事業所間のネットワークを活用し、日本全国、さらに海外にも販売しています。

水産事業

畜産事業

東京・名古屋・大阪・福岡に営業拠点を構え、ポーク・チキン・ビーフなどの主要畜産品を北米・ブラジル・豪州などから調達し、メーカーへ加工原料として、また問屋や加工業者を通じて量販店や飲食店に販売するなど、幅広く提供しています。

畜産事業

農産事業

北海道・十勝の営業拠点では、北海道の豊かな大地が生んだ農産品を、メーカーをはじめ全国各地の事業者に販売しています。また、安全・安心で美味しい北海道産の農産物の、さらなる販路拡大のための活動に日々取り組んでいます。

農産事業

十勝グリーン・オーナーズ・クラブ「大地」

ヨコレイでは、全国の消費者の皆様に十勝の農産物の魅力を伝える「農業組合法人十勝21世紀」をパートナーに共同契約栽培システム「十勝グリーン・オーナーズ・クラブ『大地』」の企画を実施しています。
「十勝グリーン・オーナーズ・クラブ『大地』」は、十勝にある農地の共同オーナーとなっていただく仕組みで、会員の皆様に収穫された旬の野菜をお届けしています。

海外ネットワーク拡大、
新たな事業領域に進出

ヨコレイでは近年、海外ネットワークを活かした「グローバル戦力の強化」を目標に掲げ、海外展開を積極的に進めてきました。
日本のおいしい食品を海外へ、海外のおいしい食品を日本へ。高品質の食品を世界中に安定供給するための取り組みを行っています。

ヨコレイの強みとして、国内外の商品ニーズに的確に対応できるネットワーク力、すなわち調達力があります。
海外では主要調達先である東南アジアや北欧をはじめ、ロシア・北米・南米・オーストラリアなどネットワークを拡大中。
また、国際的に評価の高い日本の水産・畜産・農産物を、産地型営業所を中心に国内全域から幅広く調達、世界への供給を推進しています。

海外ネットワーク拡大、新たな事業領域に進出

市場の需給バランスを的確に把握

輸入による食品の供給のために重要なのが、海外で調達する商材の種類や取引量と、国内における需要のバランスを的確に把握すること。漁獲量や生産量は、天候など自然環境の影響を受け、市場ニーズも地域や季節によって異なります。調達先である世界各地の各種情報を正確・迅速に収集することが、安定供給や適正価格の維持につながります。

海外展開本格化に向けた基盤強化

ヨコレイでは、海外展開の基盤強化のための組織作りを行ってきました。

1989 タイヨコレイ株式会社を設立、バンコクに営業所を設置し東南アジアのハブとして稼働。
2008 株式会社セイワフードを子会社化、2010年に社名を株式会社クローバートレーディングに変更。
2009 海外に広域のネットワークを持つ水産物専門商社の営業譲渡を受け、のちにアライアンスシーフーズとして子会社化。
北米、南米、ヨーロッパ、ロシアなどの海産物輸出入の窓口として展開。
2020 ヨコレイグループのクローバートレーディングとアライアンスシーフーズを完全合併しヨコレイ本体の事業として一本化。
海外事業のさらなる強化を図ります。

ノルウェーでサーモントラウト
養殖事業へ進出

2015

ヨコレイグループは、2015年にノルウェー大手水産加工会社ホフセスと業務提携。

徹底した管理の下で孵化・育成徹底した管理の下で孵化・育成

2016

2016年には現地で水産加工工場を3工場所有するSyvde Eiendom AS社の全株式を取得。
またホフセス社と共同でサーモントラウトの養殖を手掛けてきたFjordlaks Aqua AS社(現Hofseth Aqua社)の全株式も取得し、これによってノルウェーでの生産から加工・販売に至る垂直統合が完結しました。

Syvde Eiendom AS社の水産加工工場Syvde Eiendom AS社の水産加工工場

  • トラウト養殖の生簀(いけす)トラウト養殖の生簀(いけす)
  • 生簀の状況は全てモニターでチェック生簀の状況は全てモニターでチェック
  • 衛生的な加工場衛生的な加工場

世界的に人気のあるノルウェー産サーモンは、生育に最適な気候、フィヨルドの地形を活かした餌の沈殿や伝染病などが起こりにくい十分な水深により育まれます。
私たちの養殖場では、ITを活用した徹底した生育環境の管理、厳選された飼料などにより、健康的で、質の良い脂がのったおいしいサーモンを育て上げています。
現在はヨコレイグループとして養殖から加工まで一貫して行った製品を販売しており、とくにスモークサーモンは、保存液や添加物なし、塩と砂糖のみで仕上げた本格的な味わいに評価をいただき、全国の量販店や飲食店等へ販売しています。