ヨコレイについてABOUT

ヨコレイのあゆみ

  1. Home
  2. ヨコレイについて
  3. ヨコレイのあゆみ

HISTORY OFYOKOREI

左:創業者 吉橋伊佐男 / 右:米軍関係者(左:創業者 吉橋伊佐男 / 右:米軍関係者)

1948 - 1957
誕生

産声を上げたヨコレイ
社名変更から
販路拡大

1948

5
1948年5月13日 
横浜冷凍企業株式会社設立
資本金200万円
横浜市中央卸売市場製氷冷蔵施設経営組合の冷蔵庫を借庫
6
戦後初の対米マグロ輸出割当を受け借庫で冷凍マグロの業務を開始

創業から間もない頃の集合写真創業から間もない頃の集合写真

1949

4
横浜市中央卸売市場内に冷凍冷蔵工場(800トン)を完成し、
冷凍マグロ、メカジキ、食用カエルの輸出、国内販売並びに
冷蔵保管業務を行う
11
駐留米軍の要請で主に冷凍水産物の販売など特需関係が増加

第1号の倉庫である横浜工場第1号の倉庫である横浜工場

1950.6
横浜市中央卸売市場水産部売買参加の許可を受ける
1952.7
米軍PX本部と冷蔵庫賃貸契約を結ぶ
1953.11
「横浜冷凍株式会社」に社名変更

1954

3
火災により横浜工場焼失。
他社の倉庫を借庫し営業を継続
11
横浜工場再建(2,228トン)
  • 再建中の横浜工場再建中の横浜工場
1956.11
特需の減少
国内向けハム・ソーセージ原料魚肉の販売、加工業務を開拓、販路拡大

1957

2
倉庫証券発行の許可を受ける
6
保税上屋許可を受ける
保税品の冷蔵保管業務を開始
1958 - 1967
成長

全国規模の
企業として、
歩みを始める

1958
創立10周年記念配当10%
1959
米軍貸庫契約終了

1960

4
横浜工場拡張、本社事務所併設
同時に新設された株式会社八丁幸の冷蔵庫を貸借し第二号倉庫とした(991トン)

横浜第二倉庫横浜第二倉庫

1961.4
東京都中央卸売市場生鮮水産部売買参加の許可を受ける
1962.12
東京証券取引所第二部に株式上場

1963

9
新港埠頭工場完成(8,198トン)
10
東京営業所開設(東都水産ビル)
  • 新港埠頭工場新港埠頭工場
  • 東京営業所東京営業所

1965

3
名古屋工場完成(2,476トン)
名古屋営業所開設
9
東京工場完成(11,731トン)
10
横冷会発足
  • 名古屋工場名古屋工場
  • 東京工場東京工場
1966.10
焼津出張所開設

1967

5
気仙沼営業所開設、三陸地方の拠点として取引の充実を図る
東京工場第二号倉庫完成(2,019トン)
6
東京工場敷地内に品川寮完成
7
大阪コールドストレージ株式会社設立
10
事業開発部発足
1968 - 1977
激動

進む経営基盤拡大と
ネットワーク構築

1968

2
三崎出張所開設
4
小牧工場完成(2,483トン)、精肉加工場併設
5
冷蔵事業部発足
7
気仙沼工場完成(1,178トン)、すり身加工場併設

気仙沼工場気仙沼工場

1969

8
釧路工場完成(2,664トン)、すり身加工場併設
電算室発足
9
子安工場完成(7,822トン)、燻蒸庫併設
12
事業開発部を「畜産部」に名称変更
  • 釧路工場釧路工場
  • 発足当時の電算室の様子発足当時の電算室の様子

1970

1
電算機を導入(FACOM230-10)
5
養老工場完成(精肉加工場)

養老工場養老工場

1971

5
本社事務所を犬山ビルに移転
7
子安工場に普通倉庫を併設
11
清水工場を借庫(3,731トン)

1972

2
札幌出張所開設
4
熱田工場完成(3,491トン)
福岡工場完成(10,336トン)
福岡営業所開設
10
畜産部東京分室開設

熱田工場熱田工場

1973

4
小牧工場内で水産物、畜産物の加工包装センターを開設
5
畜産部湘南分室開設
9
神戸工場完成(10,346トン)
10
神戸営業所を開設
畜産部東京分室を廃止
11
仙台工場完成(6,790トン)
創立25周年記念配当2%
12
本社ビル完成、移転
1974.4
仙台出張所開設

1975

4
子安工場第二号倉庫完成(9,234トン)
8
神戸営業所を大阪に移転、大阪営業所と改める
9
焼津工場を買収(2,788トン)
借庫清水工場を返却
11
子安工場第二号倉庫内に野菜パック工場を併設
畜産部相模営業所を開設

1976

2
焼津、三崎出張所、畜産部東京分室閉鎖
5
気仙沼工場石巻分室開設、仙台出張所廃止
7
札幌出張所を「札幌営業所」に名称変更
9
冷蔵事業開発部新設

1977

1
東京工場第二号倉庫(6,831トン)建替完成
3
中川工場完成(7,155トン、凍結30トン)
9
東部横冷株式会社設立
1978 - 1987
拡大

進拡大・発展の時代
地域とも密着して

1978

2
仙台営業所開設
5
創立30周年記念式典

創立30周年記念式典創立30周年記念式典

1979

12
平和島工場完成(借庫18,129トン)
神戸工場第二号倉庫完成(6,047トン)

1981

1
塩釜工場買収稼働
3
石巻営業所開設
7
八戸分室開設
8
広島営業所、金沢出張所、鹿児島分室開設
11
鹿児島工場完成(4,439トン)
鹿児島分室を「鹿児島営業所」に名称変更
12
買収により沼津工場を取得(2,025トン)
沼津営業所開設

1982

3
八戸分室を「八戸営業所」に名称変更
4
金沢出張所を名古屋営業所に統合
5
横浜工場完成(4,352トン)
6
長崎営業所開設
10
買収により大阪工場を取得(20,772トン)

横浜工場横浜工場

1983

3
広島営業所閉鎖
9
長崎工場完成(5,443トン)
11
本店所在地を横浜市神奈川区守屋町1丁目1番地7に移し変更

1984

4
鹿児島工場第二号倉庫完成(4,957トン)
6
冷蔵事業開発部を「冷蔵部」に名称変更
9
女川工場完成(2,546トン)

1985

4
ヨコレイ文字、マーク使用基準制定
7
釧路工場閉鎖
銚子営業所開設
9
鳥栖工場完成(11,955トン)
10
東京工場(品川)敷地を品川区に売却
長崎工場第二号倉庫完成(7,050トン)

1986

5
小牧工場完成(11,034トン)
9
通関業許可取得(神戸工場)
11
唐津工場完成(13,245トン)
唐津営業所開設
  • 小牧工場小牧工場
  • 唐津工場唐津工場

1987

2
枕崎工場完成(7,161トン)
6
釧路工場売却
9
沼津工場完成(5,554トン)
冷蔵部を「冷蔵事業部」に名称変更
10
東京工場完成(28,499トン)
仙台工場完成(16,488トン)
川辺工場完成(5,089トン)
ヨコレイ商標登録完了
1988 - 1997
躍進

変化する時代とともに
社会や地球環境に
貢献

1988

3
マークマーク商標登録完了
4
塩釜営業所開設
5
焼津工場廃止
大井川工場完成(5,799トン)
仙台営業所廃止
創立40周年記念無償新株式発行
6
福岡営業所を唐津営業所に統合
8
新港埠頭工場廃止
大黒ふ頭工場完成(32,697トン)
9
小牧工場第二号倉庫完成(14,522トン)
気仙沼工場完成(6,473トン)
八戸工場完成(10,984トン)
11
開発企画室開設

大黒ふ頭工場大黒ふ頭工場

1989

4
創立40周年記念社史「ザ・ヨコレイ40」発刊
5
仙台工場第二号倉庫完成 (13,776トン)
7
貿易部開設
10
冷蔵事業部分室開設
塩釜営業所を廃止して女川工場に吸収
11
枕崎工場内に枕崎営業所開設
12
タイヨコレイ株式会社(在タイ国)設立

1990

2
内部監査室設置(専任)
5
八戸工場第二号倉庫完成(10,692トン、凍結34トン)
7
熱田工場を廃止して名古屋工場完成(23,634トン、凍結33トン)

1991

2
枕崎工場山川事務所開設
3
東京証券取引所市場「第一部」に指定替え
4
開発企画室を「開発企画部」に名称変更
電算室を「システム部」に名称変更
6
タイヨコレイ株式会社サムロン工場完成(7,000トン)
7
社名呼称を「ヨコレイ」に変更
沼津営業所開設
10
東部横冷株式会社を吸収合併(現・箱崎物流センター11,217トン、凍結16トン)
12
ハーバーサイドサービス社へ出資

1992

5
タイヨコレイ株式会社バンパコン工場完成(10,000トン)
10
銚子営業所勝浦工場開設

1993

2
気仙沼営業所開設(気仙沼工場より分離独立)
開発企画部を「営業部」に名称変更
9
山川工場完成(2,826トン、凍結40トン)
12
冷蔵事業部を「冷蔵部」に改組

1994

3
福岡物流センター完成(22,645トン、凍結20トン)
石狩物流センター完成(9,425トン、凍結15トン)
10
畜産部を「横浜営業所」に名称変更

福岡物流センター福岡物流センター

1995

1
阪神・淡路大震災で神戸工場被災
3
六甲物流センター完成(16,910トン)
4
仙台営業所開設
6
勝浦工場開設(銚子営業所より分離独立)
7
横浜営業所多摩分室開設
大阪西淀工場完成(19,004トン、凍結10トン)
10
多摩営業所開設(横浜営業所より分離独立)
  • 阪神・淡路大震災で大きく隆起した地面阪神・淡路大震災で大きく隆起した地面
  • 六甲物流センター六甲物流センター

1996

3
勝浦工場廃止
9
多摩営業所廃止
枕崎営業所を鹿児島営業所に統合
12
タイヨコレイ株式会社サムロン工場増設(6,000トン)

1997

4
「営業開発部」開設
福岡物流センター第二号倉庫完成(22,319トン)
石狩物流センター第二号倉庫完成(12,959トン、凍結24トン)
7
佐世保工場完成(5,349トン、凍結70トン)加工場併設
佐世保営業所開設
志布志工場完成(10,010トン、凍結24トン)
11
50周年記念特別手当支給

志布志物流センター志布志工場

1998 - 2007
貢献

物流の役割の再確認
地球環境との
調和も見据えて

1998

3
東京第二工場完成(33,912トン)
9
50周年記念誌「ヨコレイ50グラフィティ」発刊
12
小牧工場第三号倉庫完成(8,974トン)

1999

2
大阪舞洲工場完成(26,064トン)
3
銚子営業所茨城出張所開設
定年(永年勤続)退職者表彰制度
8
加須物流センター完成(18,592トン)

加須物流センター加須物流センター

2000

6
OAルーム(大黒ふ頭工場)開設
8
「YIS(ワイズ)」(Yokorei Information System)開発

2001

6
十勝物流センター完成(6,826トン)

十勝物流センター十勝物流センター

2002

4
企画・IR室開設
6
本社事務所移転
8
株式会社福槌買収
12
ISO事務局設置
株主優待制度導入
福岡工場閉鎖

2003

6
ISO9001:2000に基づく品質管理システムの認証を、京浜地区の冷蔵部門4事業所で取得
8
鶴ヶ島物流センター完成(22,286トン)
10
十勝営業所開設

2004

1
広報・IR室設置
6
十勝物流センター第二号倉庫完成(11,237トン)

2005

5
十勝グリーン・オーナーズ・クラブ「大地」開始
8
伊勢原物流センター完成(24,339トン)
9
都城物流センター完成(6,043トン)
10
十勝物流センター第三号倉庫完成(1,011トン)

十勝グリーン・オーナーズ・クラブ「大地」十勝グリーン・オーナーズ・クラブ「大地」

2006

3
伊勢原物流センター太陽光発電システム稼働
6
コンプライアンス統括室設置
10
都城物流センター第二号倉庫完成(13,537トン)
  • 太陽光発電システム太陽光発電システム
  • 都城物流センター第二号倉庫都城物流センター第二号倉庫

2007

2
横浜物流センター完成(23,384トン)
8
加須第二物流センター完成(22,594トン)
10
冷蔵倉庫事業における事業所の名称変更
2008 - 2017
進化

更なる拠点網の
整備で強化される
ネットワークと基盤力

2008

5
鳥栖第二物流センター完成(22,143トン)
冷蔵部門北九州地区にてグリーン経営認証を初めて取得
7
十勝第二物流センター完成(19,560トン)
8
十勝営業所留寿都出張所開設
9
女川冷凍工場閉鎖
横浜市へ60周年記念事業として、太陽光発電導入事業のための寄付金(1,000万円)贈呈
60周年記念誌発刊
10
第三次中期経営計画策定
12
株式会社セイワフードの株式を取得(子会社化)
冷蔵部門全38事業所にてグリーン経営認証を取得
  • 鳥栖第二物流センター鳥栖第二物流センター
  • 十勝第二物流センター十勝第二物流センター

2009

1
貿易部を廃止し畜産事業部開設
4
農産事業部・農産事業部旭川出張所開設
バンコク駐在員事務所開設
6
株式会社アライアンスシーフーズ株式会社アライアンスシーフーズ設立
7
株式会社有職営業譲渡
10
水産原料部開設

2010

3
自社ビル「ヨコレイ新富ビル」竣工式
5
株式会社グローバルエイジェンシイ株式取得
志布志物流センター農産品パッキングセンター完成
6
都城市へ口蹄疫防疫活動支援として寄付金(500万円)贈呈
7
単元株式数を1,000株から100株に変更
10
適格退職年金制度から確定給付企業年金制度へ移行
12
株主優待品をホタテ・いくらセットから株式数に
応じてうなぎ詰合せとホタテ・いくらセットに変更
株式会社セイワフードから
株式会社クローバートレーディングに社名(商号)変更
株式会社クローバートレーディング
  • ヨコレイ新富ビルヨコレイ新富ビル
  • 農産品パッキングセンター(志布志物流センター内)農産品パッキングセンター(志布志物流センター内)

2011

4
管理本部に「品質管理室」設置
気仙沼市へ寄付金(2,000万円)贈呈
5
European Seafood Exposiotion(ベルギー)初出展
6
Thailand's Best Friends 2011受賞
冷蔵部門ISO9001認証返上
大阪物流センター閉鎖
7
北港物流センター(27,359トン)完成
8
(新)鹿児島物流センター(20,555トン)完成
(旧)鹿児島物流センター閉鎖
9
仙台物流センター(東日本大震災)復興祭開催
10
気仙沼冷凍工場(東日本大震災)復興祭開催
気仙沼市へ寄付金(1,000万円)贈呈
タイヨコレイ株式会社ワンノイ物流センター(15,408トン)完成
タイ洪水被害
農産事業部鹿児島分室開設
第四次中期経営計画(Step Toward the Future)策定
12
Best Cold Chain Co.,Ltd.(タイ)設立
  • (新)鹿児島物流センター(新)鹿児島物流センター
  • 仙台物流センター復興祭仙台物流センター復興祭
  • タイ洪水被害タイ洪水被害

2012

1
仙台物流センター、東日本大震災時の救援活動等への
貢献により仙台市より感謝状授与
2
タイ国アユタヤ県へ見舞金(200万バーツ)贈呈
3
本社事務所みなとみらい21地区へ移転
4
販売事業部門組織変更
九州水産事業部松浦営業所開設
農産事業部の所在地を横浜とする
農産事業部旭川営業所廃止
水産原料部を海外事業部に名称変更
屋上緑化システム導入(鶴ヶ島物流センター)
8
喜茂別物流センター(15,038トン)、
農産事業部喜茂別パッキングセンター完成
9
東日本大震災記録集発刊
  • 本社事務所本社事務所
  • 屋上緑化屋上緑化
  • 喜茂別物流センター喜茂別物流センター
  • 喜茂別物流センター選別ライン喜茂別物流センター選別ライン

2013

1
農産事業部留寿都パッキングセンター廃止
4
畜産事業部大阪駐在開設
水産原料部開設
冷蔵事業本部技術部設置
7
Yokorei Co.,Ltd.(タイ)設立
第4回転換社債型新株予約権付社債70億円発行
9
阪神・淡路大震災記録集発刊
農産事業部鹿児島営業所廃止
農産事業部喜茂別パッキングセンター廃止(喜茂別物流センターへ統合)
10
冷蔵事業本部物流通関部開設
ライフプラン支援制度導入
「デンマーク産うなぎ蒲焼」が2013年度モンドセレクション金賞を受賞
11
川辺ソーティングスポット(4,651トン)完成
12
タイヨコレイ株式会社ワンノイ物流センター2号棟完成(27,300トン)
  • 物流通関部仕事風景物流通関部仕事風景
  • 川辺ソーティングスポット川辺ソーティングスポット
  • ワンノイ物流センター2号棟ワンノイ物流センター2号棟

2014

1
経営管理部、品質保証室を広報IR部、管理本部へ改編
4
石狩第二物流センター完成(24,230トン)
ダイヤモンド十勝株式会社設立
7
夢洲物流センター完成(25,773トン)
9
フードディフェンス対応実施(防犯カメラ・ICカード入退館管理システム導入)
10
ガリレオシステム導入
都城第二物流センター完成(18,220トン)
第五次中期経営計画(Flap The Wings 2017)策定
  • 石狩第二物流センター石狩第二物流センター
  • 都城第二物流センター都城第二物流センター

2015

2
タイヨコレイ株式会社設立25周年式典開催
4
人事制度改定(エリア社員を一般職社員へ統合、特定総合職制度導入)
欧州シーフード・エキスポに出展
6
海外事業部廃止
7
販売部門を5つのグループに再編
8
タイヨコレイ株式会社バンパコン第2物流センター完成(23,153トン)
ノルウェーの大手水産加工会社ホフセスグループとの業務提携締結
9
東京営業部横浜営業所廃止
10
販売部門組織名称変更
12
パックス冷蔵株式会社の株式を取得
人事部新設・冷蔵事業本部広域営業部設置
  • タイヨコレイ設立25周年式典タイヨコレイ設立25周年式典
  • バンパコン第2物流センターバンパコン第2物流センター
  • ホフセスグループと業務提携締結ホフセスグループと業務提携締結

2016

2
カーゴナビゲーションシステム導入(夢洲物流センター)
3
Syvde Eiendom AS(ノルウェー)の株式を取得
7
Fjordlaks Aqua AS(ノルウェー・2017年にHofseth Aqua ASへ社名変更)の株式を取得
8
十勝第三物流センター完成(21,839トン)
9
夢洲物流センター 国土交通省から「交通関係環境保全優良事業者」として表彰
10
畜産営業部を東日本畜産営業部、西日本畜産営業部へ再編
主査・主事転換制度導入
11
ヨコレイ十勝ソーティングスポット完成
12
横浜FCとのオフィシャルクラブトップパートナー契約締結
  • 十勝第三物流センター十勝第三物流センター
  • 十勝ソーティングスポット十勝ソーティングスポット

2017

3
子安物流センター閉鎖
Aqua Shipping AS(ノルウェー)設立
5
特販部開設、鹿児島営業所開設
6
本店所在地を横浜市鶴見区大黒町へ変更
幸手物流センター完成(20,934トン)
7
株式会社アライアンスシーフーズ、マレーシアでのエビ養殖事業に参入
9
神戸物流センター閉鎖
10
第六次中期経営計画(Growing Value 2020)策定
九州畜産営業部開設
11
トラック予約受付システム導入(幸手物流センター)
12
品質管理室改編、冷蔵事業本部冷蔵業務品質部設置
  • 子安物流センター子安物流センター
  • 幸手物流センター幸手物流センター
  • アライアンスシーフーズエビ養殖事業アライアンスシーフーズエビ養殖事業
2018 -
未来

先端技術に支えられ
環境にも優しい最先端
の物流サービスへ

2018

2
東京羽田物流センター完成(21,091トン)
11
名港物流センター完成(22,356トン)
70周年記念誌発刊
  • 東京羽田物流センター東京羽田物流センター
  • 名港物流センター名港物流センター

2019

8
ホワイト物流推進運動への賛同を表明

2020

1
株式会社アライアンスシーフーズ及び株式会社クローバートレーディングを吸収合併
2
つくば物流センター完成(24,725トン)
  • つくば物流センターつくば物流センター