株主・投資家情報INVESTOR RELATIONS

ヨコレイを知るヨコレイの冷蔵倉庫

  1. Home
  2. 株主・投資家情報
  3. ヨコレイを知る
  4. ヨコレイの冷蔵倉庫

ヨコレイの冷蔵倉庫は、海外拠点を合わせると100万トンという業界トップクラスの収容能力と、自然対流による冷却方式をはじめとした高度な冷蔵技術、保管システムを強みとしています。

国内収容能力業界第2

国内収容能力 業界第2位

3タイプの冷蔵倉庫で多種多様な食品の保管・物流ニーズに対応

港湾型

港湾型

大型のタンカーが着岸できる全国の主要貿易港に位置し、製品や食品原材料の輸入貨物を中心に高品質な保管とスピーディな通関サービスを提供。

物流型

物流型

主要幹線道路のインターチェンジ等に位置し、タイムリーな供給が求められるコンビニエンスストアーや外食チェーン等の製品を保管。

産地型

産地型

全国の主要な漁港や農産地に位置し、水揚げされた水産物や収穫された農産物を適切な温度帯で保管。

港湾型+物流型の最新鋭物流センターが稼働! 《東京羽田物流センター》

東京羽田物流センターは、「港湾型」と「物流型」の両面の特色を持つ「港湾物流型」の拠点です。

首都圏を取り囲む形で東京地区と圏央道沿線の既存物流拠点をより有機的に連動させ、関東一円に低温物流ネットワークを拡大しています。
東京羽田物流センターの稼働により、首都圏を取り囲む形で東京地区と圏央道沿線の既存物流拠点をより有機的に連動させ、関東一円に低温物流ネットワークを拡大しています。

東京羽田物流センターは流通業務の総合化・効率化を図る事業であるとして、
国土交通省の所管する物流総合効率化法の認定を受けています。

人材育成への投資

ヨコレイでは、創業以来の競争力の源泉である
「人」への投資を積極的に行っています。

ヨコレイの冷蔵倉庫事業の他社と差別化された大きな特徴として、冷蔵倉庫内の積み付けなどのオペレーションを基本的に自社社員で行っていることがあります。
長年にわたり社員から社員へ伝承されてきた、限られた空間に丁寧・迅速に、貨物を痛めず配置する技術により、責任をもってお客さまの貨物をお守りしています。
また2020年には、横浜に研修センターを設置。5Sの徹底など『ヨコレイ品質』を保つための人材教育、フォークリフトや機械操作など「現場力」を高める研修を行います。

社員オペレーション社員オペレーション

20202つの人材育成施設が完成
2020年2つの人材育成施設が完成
2020年2つの人材育成施設が完成

省力化・自動化の推進

IT技術を活用することにより
「人にやさしい」業務の在り方を追求しています。

電動式移動ラックやカーゴナビゲーション、トラック予約受付システムなどにより、省人化・自動化を実現。
人への負荷を軽減するとともに、より効率的で、生産性・収益性の高い事業の構築を目指しています。

  • 電動式移動ラック電動式移動ラック
  • トラック予約受付システムトラック予約受付システム